あなたの婚活(こんかつ)を応援する「こんかつ.me」。婚活礎知識から結婚情報サービス比較、トピックスなど、婚活情報満載です。

婚活(こんかつ)とは

 結婚相手を見つけることが競争のようになっている昨今、就職活動になぞらえ、結婚活動を略した言葉が「婚活(こんかつ)」。社会学者の山田昌弘氏が提唱し、雑誌AERA2007/11/5号の記事ではじめて世に出たとされています。白河桃子氏との共著、「婚活『時代』」は、大ベストセラーとなり、「婚活」は2008年度流行語大賞の候補にノミネートされました。2009年4月にはフジテレビ・月9ドラマ「婚カツ!」が放送されるなど、広く一般に浸透し、時代の側面をとらえた言葉となりました。「婚活、流行っているみたいね」と、ひとつのブームととらえている人も少なくありませんが、言葉が生まれて間もないのでそのように思われてしまいがちなだけ。
 しかし、いずれ言葉が一般に定着したとしても、現象が解決され、誰もが結婚しやすい社会にすぐになるというものでもありません。
 これまでならただ流されるだけで何もせず過ごしてしまっていた人が、「婚活」という言葉の流行によって、背中を押されているケースもあります。そもそも婚活している人は「流行っているから」そうしているわけではありませんが、以前なら出会うことさえなかったような人との接点が生まれやすくなったということにおいて、「婚活」という言葉の果たしている役割は大きなものと言えそうです。 しかし、これまでならただ流されるだけで何もせず過ごしてしまっていた人が、「婚活」という言葉の流行によって、背中を押されているケースもあります。そもそも婚活している人は「流行っているから」そうしているわけではありませんが、以前なら出会うことさえなかったような人との接点が生まれやすくなったということにおいて、「婚活」という言葉の果たしている役割は大きなものと言えそうです。

時代背景